薬局やドラッグストアの市販薬でおしりの黒ずみは治る?

薬局やドラッグストアの市販薬でおしりの黒ずみは治る?

薬局やドラッグストアの市販薬でおしりの黒ずみは治る?

 

 

薬局やドラッグストアの市販薬でおしりの黒ずみは治る?

 

 

・ おしりの黒ずみの改善のために必要な3つの成分について

 

おしりの黒ずみを改善していきたいと思っている人のなかには、薬局やドラッグストアで購入することができる市販薬で改善していこうと考える人も多いと思います。

 

薬局やドラッグストアであれば、近所にあって手軽に購入することができると思いますし、すぐにでもケアを始めることができるというメリットがありますよね。

 

薬局やドラッグストアで販売されている市販薬にはおしりの黒ずみ専用として販売されているものはありません。よって、おしりの黒ずみの改善のために必要な成分が配合されているものを選んでいく必要があります。その成分とはどういったものなのかを市販薬でケアしようと考えている人は知っておくべきでしょう。

 

おしりの黒ずみを改善するために欠かすことのできない成分は3つあります。その3つとは「角質をやわらかくする成分」「保湿効果のある成分」「美白効果のある成分」の3つです。

 

黒ずみができてしまっている肌は古い角質が落ちずにかたくなってしまっている状態なので、その角質をやわらかくして自然に剥がれ落ちるような状態にもっていく必要があるので、角質をやわらかくする成分が必要になります。

 

また、肌の乾燥はあらゆる肌トラブルの原因となるので、黒ずみの予防や改善にも保湿成分でしっかり保湿していくことが必要です。

 

さらに、黒ずみの原因となっているメラニンを美白成分によって除去していき、徐々に薄くしていく必要があります。

 

 

・ 薬局やドラッグストアの市販薬の成分について

 

薬局やドラッグストアで販売されている市販薬でおしりの黒ずみのケアに使える市販薬の代表例を挙げてみると

 

オロナイン → 炎症を抑えるや保湿効果
アットイン → 角質を柔らかくする、炎症を抑える、保湿効果

 

ニノキュア → 角質を柔らかくする

 

馬油 → 保湿効果、炎症を抑える

 

ワセリン → 保湿効果

 

ここで紹介した市販薬は肌トラブルのおしりにも安心して使用することができるものばかりですが、見てわかるように必要な成分が全て配合しているわけではありません。

 

美白成分が配合されていないものがほとんどで、すでにできてしまっているメラニンを取り除く成分が不足している市販薬がほとんどなのです。

 

よって、市販薬を使ってケアを行なったからといって、黒ずみがあっという間にキレイに消え去るということは残念ながら期待できません。しかし、市販薬によって黒ずみができにくい肌になったり、改善しやすい肌になることは期待できるので、あなたの目的によって市販薬でケアするかどうか判断する必要があると思います。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ